最初に入れるオススメアプリ

androidとiPhoneの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

nexus-siphone

日本でも独自の端末が多く発売され、2011年もますます進化していきそうなアンドロイド端末。 …とはいえ、どうも日本では、まだまだスマートフォンのパイオニアともいえるiPhoneが人気の様子。 今回は、android、iPhone両方使った上で比較して、『ここがすごいぞandroid端末』というポイントを、ピックアップしてご紹介します。 新しくスマートフォン購入を考えている方や、android端末の良さをお友達に伝えたい方は参考にしてみてくださいね。

 

< 独自の機能を搭載した端末が多い >

android端末の1つであるLYNX(シャープ製 docomo)は、裸眼で3Dムービーが見られ、3Dの写真を撮影することができる機能が搭載されています。 製品を送り出す各社が、独自の機能拡張を行うことで、今まで「どの端末を選んだところで同じ」あるいは、「最新の端末であればあるほどいい」といった選択肢から、バリエーション豊かな製品の選択へと広がりを見せています。

 

< 日本独自のケータイ機能に標準対応 >

おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など、今までの日本の携帯電話にはほぼ標準で付属しながら、iPhoneにはない機能に対応しています。

 

< 外部記憶が使える >

マイクロSDカードを入れ替えたり、一般的なUSBケーブルでPCと接続することができ、データ転送も簡単です。 (iPhoneの場合、マイクロSDカードのように外部記憶を直接つなげてデータの保存容量を拡張することができず、USB転送も一手間かかります)

 

< アプリケーションの選択肢が豊か >

iPhoneアプリのように、開発環境が限定されていたり厳しい審査もないので、選べるアプリケーションの選択肢が広く、また、既存のアプリケーションのプラグインという形で追加機能を公開することができます。

 

本体の完成度という点で、まだまだiPhoneと比べられては色々言われがちなandroid端末ですが、国内メーカーの多くが開発に参入していることからみても、今後延びしろがあるのはむしろandroid端末だと思います。 モックの展示しかない店頭でも、お願いすれば奥から実機を持ってきて触らせてくれるお店もあるので、スマートフォン購入の際は色々試してみて、お気に入りの一台を見つけてくださいね!


Comment Form

<4万円〜5万円で買取可能な機種も!>
家で眠っているガラケー・スマートフォンの買い取り - 携帯買取専門店 powered by Brandear

アンドロイドマーケットは、アンドロイドをより便利に使うためのアプリをダウンロードするためのマーケットです。アンドロイドマーケット(Android Market)の使い方、人気アプリについて日本語で分かりやすく解説していきます。
「アンドロイド搭載のスマートフォンを買った! でも、どんなアプリを入れればいいのかわからない。まずは無料のアプリで便利そうなものをいくつか入れてみたい!」
こんなあなたにオススメのアプリをピックアップしました。便利なおすすめアプリをインストールして、一気にスマートフォンマスターへ。
ドロイドバンク
「Google」および「Android(TM)」「Android ロゴ」「Androidマーケット」は、Google Inc.の商標または登録商標です。本サイトの一部コンテンツは、Google Inc.が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブコモンズの表示3.0ライセンスに従い使用しています。